有酸素運動を行なうには食前と食後どちらがよいのか

ダイエットで有酸素運動を行なう場合、有酸素運動を行なうタイミングに迷う方もいらっしゃいます。

 

 

例えば、食前と食後など、どちらを優先して行なうのがよいのでしょうか?具体的に見ていくことにしましょう。

 

 

食前、食後とも、有酸素運動に対してのメリット、デメリットはありますが、結論を先に言えば、食前に行なう方が効果的だと言えます。しかし、あまりに空腹で行なうのは危険です。場合によっては貧血になってしまう恐れがある他、運動時に集中できず、怪我をしてしまうこともあるため、運動の30分程度前に、バナナやおにぎり一つ、それから栄養ゼリーなど、軽くエネルギー補給をしてから運動をスタートした方がよいでしょう。

 

 

では、さらに詳しく食前である空腹時の特徴について見ていくことにしましょう。

 

 

人間にとって、活動効率の良いエネルギー源は糖質です。ですので、体内に糖質が満たされているときは優先的にそれがエネルギー源として使われます。しかし、人間の体内にはそれほど多くの糖質を蓄積することができないため、食事を摂取しないと糖質はどんどん消費されてしまい、枯渇していきます。そのため、空腹時の体内には糖質量が少なくなっており、そのような場合にエネルギー源として使われるのが脂質なのです。ですので、空腹時のように、糖質が足りていないタイミングでエネルギーを必要とするような有酸素運動を行なうと、体内に蓄えられていた脂肪が分解され、エネルギーとして使われるので、体脂肪が下がるなど、ダイエット効果につながるのです。

 

 

では、食後に有酸素運動を行なうと、体内ではどのようなことが起こるのでしょうか?こちらも具体的に見ていくことにしましょう。

 

 

食後の体内は栄養で満たされているため、身体を動かしてもエネルギー源に困ることはありません。そして、十分な糖質もあるので、集中して有酸素運動を行なうことができます。しかし、食後すぐは体内では消化吸収を優先しなくてはならないので、血液が内臓に集中します。こうしたタイミングで有酸素運動を行なってしまうと、内臓へ負荷をかけすぎるばかりでなく、それに伴って優先しなくてはならない消化吸収の働きも妨げてしまいます。また、筋肉にも血液がうまく行き渡らなくなってしまうため、結果的に運動効率が悪くなってしまうのです。

 

 

ですので、結論としては食前の方が有酸素運動に適していると言えますが、あまりに空腹というのはリスクも伴うため避け、逆に食後に運動を行なうにしても1、2時間は身体を休ませてから行なうようにしましょう。