モグモグ食べてノンストレスで痩せるために

 

モグモグ食べてノンストレスで痩せるために必要なことを紹介します。

 

 

ダイエットを頑張っている多くの人は食事制限を行います。

 

 

でも食事制限をしてしまうと野菜不足をはじめとして栄養不足が起こってしまいます。栄養不足になってしまうとお肌が荒れたりニキビが出てきたり女性にとって嫌な症状が出てきます。自分をきれいに見せたいと思ってダイエットをするはずなのに、肌が荒れたりニキビが出てきたりしたら意味がありません。

 

 

そういうダイエットは成功とは言えないと思います。やはり理想ではありますが「健康的にダイエットする」ことが体にとっては基本中の基本となります。健康的にダイエットと言ってもそう簡単ではありません。食べるものは食べてダイエットも成功させるというのは相反することなので簡単にできることではないと思います。

 

 

先日テレビでダイエットの特集を拝見したのですが、その時の方法に心打たれました。食事の時にまず最初にサラダを食べてその後に普段の食事をするというのです。サラダを最初に食べることで消化が良くなり満腹感も得られて1日の食事の量を制限することができるという話でした。それを見たときに「これは素晴らしい考えだ」と思いました。

 

 

最初に野菜を食べて、その後に通常の食事をとれば非常にバランスよく多くの食材を口にすることができるし、食事の量も減らすことができると思います。それをヒントにして野菜ジュースダイエットをすることにしました。市販されている100%野菜ジュースを毎食前にまず1杯飲みます。その後に通常の食事をするわけです。野菜ジュースを1杯飲んだ時点で少しお腹に満腹感がうまれるので、そこから食事を始めるとそんなにたくさん食べることはできません。

 

 

たくさん食べることはできなくてもすでに野菜ジュースで野菜をしっかり摂っているので、1日の必要な栄養分もある程度はクリアできていることになります。最近の野菜ジュースは100%であっても非常に美味しくできているので、まずくて続けられないということはありません。続けることが苦にならないので、全く無理なくダイエットにチャレンジできます。ある程度お腹がいっぱいになるまで普通に食事をしながらダイエットができることを考えると、ノンストレスで 続けることができます。

 

 

緑黄色野菜が健康に良い理由

 

 

緑黄色野菜というのは、その名の通り緑色や黄色また赤色など色の濃い野菜として一般に知られています。

 

 

しかし、実際には次のように厚生労働省で定義が決められています。その定義とは、可食部100gあたりのカロテン含量が600μg以上の野菜というものです。カロテンは、カロテノイドのうち炭素と水素から成る化合物の総称です。にんじんに多く含まれているということで、carrotからcaroteneと名づけられました。

 

 

よくβカロテンという言葉を耳にすると思います。これは体内に入ると必要に応じてビタミンAに変化する色素です。βカロテンは他の栄養素の働きを促進してくれる物質です。ですので、他のビタミンを摂取するときに一緒に摂ると、効率よく栄養を吸収することができます。また、βカロテンは目のビタミンとも言われています。

 

 

不足することで鳥目と言われる暗所での視力低下や、色を識別する力が弱くなります。さらに肌荒れ予防などの美肌効果もありますので、女性には大変嬉しい栄養素でもあります。がんの抑制や予防、免疫力の向上にも大きく関係しますので、緑黄色野菜は積極的に摂取したい野菜といえます。

 

 

では、そういったβカロテンを多く含む野菜はどういった種類のものがあるのでしょうか。にんじんやかぼちゃ、ほうれん草やブロッコリー、春菊や小松菜など、パッと見て色の濃い野菜に多いといえます。その他に色の濃いとされるトマトやピーマンですが、カロテン含有量が600μg未満のために、厚生労働省の定義からは外れてしまいます。

 

 

しかし、日頃摂取する頻度が高くβカロテン摂取の補給源にしてもいいと言うことで、緑黄色野菜として分類されています。緑黄色野菜には、βカロテンのカロチノイド以外にもクロロフィルやフラボノイド、アントシアニンといった色素が含まれています。野菜のもつ色にはそれぞれ意味があるのです。普段の食生活を見直し、緑黄色野菜を積極的に取り入れて健康的な生活を手に入れましょう。

 

ダイエットに良い野菜と果物をたっぷり含んだすっきりレッドスムージー